Raspberry Pi Zero WでLED照明や水中ポンプの管理

オフィシャルサイト

無線LANでネットワークに繋がりつつ、水耕栽培用のLED照明の管理、水中ポンプの管理、エアポンプの管理、濃度測定や水量警告とかを行いたいので、安くて低性能のRaspberry Pi Zero Wで自作することにする。

Raspberry Pi Zero WをHeadlessセットアップ

ここらへんを参照。

  1. Raspberry Pi Imagerを使ってRaspberry Pi OS LiteをSDカードへインストール
  2. SDカードを指し直してマウントし直す。bootというドライブが見えるようになる。
  3. トップディレクトリにwpa_supplicant.confとsshを作成する。
    1. wpa_supplicant.conf WIFIの接続先情報
      ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
      update_config=1
      country=JP
      network={
        ssid="<Name of your WiFi>"
        psk="<Password for your WiFi>"
      }
    2. ssh sshサーバーの有効化
      ファイルさえあればいいので空でok。
      このファイルはセキュリティ起動ごとに削除されるので都度作成すること。
  4. SDカードをRaspberry Pi Zero Wにさして起動。
    初回起動時はパーティショニング等が行われて起動に時間がかかるので注意。
    緑のアクセスランプが落ち着いてくるのを目安に。
  5. SSHで接続。IP直でもいいし、Win10ならrapberrypi.localという名前でもいいらしい。
    ユーザー名は「pi」、初期パスワードは「raspberry」
  6. 「sudo raspi-config」で初期設定を行う。
  7. 「sudo apt update && sudo apt upgrade」でOSを最新へ。

Raspberry Pi Zero WのHW環境を確認

pinoutコマンド

シェアする